ウェブページ

お得なクレジットカード

  • ネット通販では品揃えが国内最大規模を誇る楽天市場ですが、そんな楽天市場をもっとお得に便利に利用出来るクレジットカードがあります。年会費は無料ですし、楽天市場での買い物をカード払いするだけでポイントが2倍(土曜日は3倍!)になります。また買い物以外で公共料金等の支払いも楽天カードを利用すれば、支払額に応じて自動で楽天ポイントが付きます。更にこのカードを作るだけで2000から最大で5000〜8000ポイント(5,000〜8,000円分)プレゼントされるので、例えカードを使わなくてもポイントは確実にもらえますので持っていて損はありません。と言うより、必ず得をします。

ショッピング

  • amazon
  • お気に入り商品

人気宿泊施設

  • せっかく車に乗っているのですから、ドライブも兼ねてちょっと旅行に行ってみませんか?全国の人気宿泊施設が掲載されています。

楽天オークション

  • 楽天オークションは登録は勿論、月額利用料も無料のオークションサイトです。初心者でも簡単に利用できるのがありがたいですね。

リンク

アクセスランキング

« 17HEX M12×P1.25 ロック&ナット ブラック/袋タイプ | メイン | sti アルカンターラ 車検証ケース »

車内のタバコ臭、完全消臭への挑戦

今回の記事は車内の消臭、特にタバコの臭いを極力消す方法について書き込んでみたいと思います。
タバコの臭いが消えるくらいであれば、他の臭い、例えばペットの臭いやその他食べ物の臭い、
またはカビ臭さなんてもっと簡単に消すことが出来ると思います。ただしカビの場合健康への被害も
ありますので、臭いを取るだけで終わりにせず、元から絶たないといけませんよ。
何故私が今回車内消臭を完全にしたいかと言えば私は喫煙者ではありますが、もうそろそろ禁煙を
したいと
思っていていたからです。しかしせっかく禁煙をしても車内にタバコの臭いが残っていれば気分は
良く無いだろうと思い、せっかく禁煙するのですから車内は極力無臭にしようと頑張ってみました。

私と同じように禁煙を予定している、もしくは既に禁煙を始めている人で、もし車内でタバコの
臭いが残っていることで不快な気分になっている人は勿論のこと、その他車内の異臭でお悩みの人は
今回の記事をお読み頂いて車内消臭をする上で参考にして下さい。
元々非喫煙者であっても中古で車を購入された場合、タバコの臭いが結構強く残っている場合も
ありますよね。タバコを吸われない人にとってタバコの臭いはもの凄く不快だろうと思います。
そんな人達も参考にして頂けるように記事を書き込んでみたいと思います。

一応今回の記事は表面的な臭いや、また気になる臭いを一時的に消すことはそもそも考えて
いません。100%消臭はかなり無理はありますが、それでも徹底的に消臭することを目標に
実践しています。芳香剤で誤魔化したり、消臭剤だけを使用するとか、また空気清浄器を購入して
来てポンと置いておくだけと言った簡単なことはしません。そんなことをしたところで臭いの
元を絶たない限り異臭が消えることは無いでしょう。そんな訳で臭いの元を絶つことが大前提であり、
色々と実践した上でどのようにすれば消臭が出来るかを具体的に説明しながら、またそれら実践した
ことがどの程度効果があったのかを書き込んで行きます。
※タバコの臭いを消すことをメインとしていますが、その他の臭いに対しても有効です


私の場合ですが、タバコを車内で吸う本数は、おおよそ1時間あたりで計算すると平均1本くらいで、
30分以内での運転であればタバコを吸わないことも多いのですが、2時間程の運転ともなれば2本から
多い時では4本くらい吸う時もあります。それでもヘビースモーカーと言う訳では多分無いと思います。
私は車内ではそこまでタバコを多く吸っている訳では無いのですが、3年目の車ともなれば残念ながら
やはりタバコの臭いはしています。
勿論車内でタバコを吸う時は窓を開けて換気はしていますし、時々消臭剤を使用しての消臭もやって
いましたが、それでもタバコの臭いは残っています。タバコを吸っているのであればこれは仕方の
ないことだとずっと思っていました。
一言捕捉しておきますが、車内で吸う本数もそこまでは多く無いので酷く臭う訳ではありません。
車内でタバコの臭いがするとは言っても営業車や代車で強烈な臭いがする車両ってありますよね!?
あんなカンジでは一切ありません。比較するのは難しいのですが、わかりやすい例で言えばタクシーの
車内臭と言ったカンジでしょうか!?
タクシーも最近は禁煙車は増えているようですが、かと言って少し古いタクシーであれば今まで喫煙
する人もたまには乗っていたことでしょうし、場合によっては運転手が車内でタバコを吸っている
こともあります。一応非喫煙者のことも考慮して車内の消臭は勿論行っているでしょうが、タバコの
臭いは僅かに残っている。まぁ、おおよそですが、そんなカンジです。

しかし私の友人で喫煙者はいるのですが、その友人の車内ではタバコの臭いがしていませんでした。
その友人は既婚者で、子供もいることから自宅内ではタバコを吸っていないそうです。
タバコを吸いたくなったらベランダに出て吸っているようです。「ホタル族」ってヤツですね。
車は2台所有していて、そのうち1台は友人専用の為特に車内での喫煙は禁じられていないとのことでしたが、
それでもたまにその車に家族を乗せることもあるとのことで、極力車内にタバコの臭いが残らないように
細心の注意を払っていると言っていました。彼が実践している消臭方法を細かく聞いてみました。
1)車内でタバコを吸う時は必ず2箇所の窓を開けて換気する。
これはタバコを吸う人であれば当然実践していることでしょうし、勿論私も窓は開けています。
ただ、私の場合はいつも運転席側の窓しか開けていなかったのですが、友人は助手席側後部座席の
窓も開けるとのことです。これだけでかなり早くタバコの煙は外に排出されるみたいです。
この程度であれば直ぐに実践出来ますね。

2)空調は基本的に内気にはせず、常時外気導入。
私も実践しています。内気のままタバコを吸ったら、タバコの煙は確実にエバポレーターまで
吸い込まれ、またそのままダクトを通って車内に吹き出されてしまいます。
エバポレーター(冷却部)にはタバコのヤニが付着してしまいます。エバポレーターだけの汚れで
あればまだマシです。それはエバポレーターはエアコン洗浄液を使用してある程度綺麗に出来ますし、
例え頑固なヤニ汚れでも業者にエバポレーター洗浄を頼めば、一度エバポレーターを取り外して
徹底的に洗ってくれます。しかしエアコンダクト内の洗浄はかなり手間が掛かります。
エアコンのダクトはダッシュボードの内部にありますので、ダクトを洗浄するにはダッシュボードを
全て取り外さなければなりません。時間も工賃も結構掛かります。
よってタバコを吸われる人は基本的にいつも外気導入にしておかれた方が良いでしょう。
※オートエアコンの場合、日中で気温が高い時には内気循環になっていることもありますが、
しばらくすると外気導入に切り替わっているようです。ただし車種によって、もしくは設定温度によって
長時間内気循環になっていることもあるかもしれませんので、その場合は手動で外気導入にして
やった方が良いでしょう。

3)車載灰皿(車に装備されている純正の灰皿)は使用せず、カー用品店などで売っている灰皿を使用。
灰皿ですが、純正の灰皿は気密性が低いので臭いが隙間から漏れてくるとのことです。
よってその友人はカー用品店に行って一つ一つ灰皿を確認して、その中で最も気密性の高い灰皿を
選んだと言っていました。
私の場合、純正の灰皿部分にスロットルコントローラーブーストコントローラーを埋込加工して
取り付けていたので、元々純正の灰皿が無い状態でした。
友人と同じように灰皿はカー用品店で売っているドリンクホルダーに設置するタイプのものを使用して
いましたが、私がいつも使用している灰皿の臭いを嗅いでみたらフタからタバコの臭いがかなり漏れて
いることが判明しました。タバコを吸っている人は今一度ご自分が使用されている灰皿の臭いを
確認してみて下さい。おそらくフタの隙間から結構臭いは漏れていると思いますよ。
基本的にカー用品店で売っている灰皿はパッケージに入っているので、フタの気密性を確認するのは
難しいでしょうが、大型のカー用品店では商品を手に取って見られるように展示されていることも
あります。それらで確認した方が良いと思います。臭いが気になっている人は今一度純正の灰皿や
その周囲(灰皿を格納した時に上側になる部分など)の臭いを確認して下さい。
喫煙車であればおそらくこの部分は酷く臭っている可能性はあります。そんな時は徹底的にその周囲を
ブラシを併用しながら洗浄して下さい。また純正の灰皿は中性洗剤を濃いめに薄めた液に半日程漬けて
おいて下さい。だいぶ臭いは取れていると思います。水洗いしてから臭いを再確認して下さい。
これでも臭いが取れていない場合は塩素系の漂白剤に浸け置きしてやっても良いでしょう。
ただし塩素系漂白剤をそのまま使用すると、メッキなどが剥がれてしまいますので10〜30%くらいに
薄めた方が良いです。数時間漬けておけばかなり臭いは取れている筈です。
これでも臭いが取れていなければ新しい灰皿に交換すれば良いと思います。ディーラーに行けば
適合するものを取り寄せることが可能です。せっかくなら灰皿の変わりにノンスモーカーボックスとか
ノンスモーカートレイなどと呼ばれる、小物入れに交換しても良いでしょう。車種によって設定の無い
ものもありますが、おそらく最近の車種であればこのようなものは用意されていると思います。
一度ディーラーで確認して下さい。

4)車を降りる時、灰皿も外に持ち出す。(タバコの吸い殻はまめに捨て、灰皿も最低週1回は洗う)
こちらは結構効果がありそうです。確かに灰皿のフタを閉めてもタバコの臭いが漏れていたので、車内に
置きっぱなしにしておけば臭いが充満するのはわかりますが、しかし毎回灰皿を持ち出すのは面倒です。
そんなこともあり、やはり完全密閉出来る灰皿を購入するか、もし少しでも臭いが漏れる灰皿であれば
自分で臭いが漏れないように灰皿を加工してやるのも一案かもしれません。
もし持ち出すのが面倒でなければ、極力灰皿は車外に出しておいた方が良いでしょう。

5)毎回車を降りる時、ファブリーズなどの消臭剤をスプレーしておく。
消臭剤をスプレーするのは私もやっていました。ただ毎回と言う訳ではありません。
2週間に1回程度の割合です。これは回数を増やしてやれば良いでしょう。

6)プラズマクラスター空気清浄器を車内に設置。
友人は市販の車載プラズマクラスター空気清浄器を購入していました。
私は以前トヨタ純正オプションのプラズマクラスター除菌イオン空気清浄器をちょっと加工してスバル車に
取り付けていました。友人はこの空気清浄器でも結構臭いは取れているように感じると言っていましたが、
正直私はそこまでの効果を感じていません。友人の車載プラズマクラスター空気清浄器は1万数千円程の
ポータブル型でしたが、それに対して私が取り付けているものはポータブル型よりはハッキリ言って強力
だと思います。おそらくですが、友人はマメに車内の消臭をしていることや、また時々清掃を業者に
依頼していることもあり、相乗効果も手伝ってプラズマクラスター空気清浄器でも効果を発揮したのだと
思っています。
もしかしたら私の車でも、新車時からプラズマクラスター空気清浄器を取り付けて使用していれば、
もう少し臭いはしなかったのかもしれませんが、途中から取り付けたのでそのあたりは正直わかりません。

7)約1〜2ヶ月おきにオゾン脱臭を業者に依頼。
オゾン脱臭は結構効果があるそうです。施工店によっては小型車と大型車で金額が異なるようですが、
要するにオゾン脱臭を行う時間で料金が変わるようです。おおよその相場で言えば15分あたり1,500円程の
ようです。小型車であれば15分程で良いそうですが、ミニバンなど車内空間が広いタイプであれば
30分程行うと効果があると言っていました。私の友人はいつも利用しているところで、30分1,500円で
やってもらっているみたいです。効果の持続期間はタバコを吸う場合は2週間くらいかもしれないとの
ことでしたが、それでも友人は消臭剤を使用したり、また換気も神経質に行っているお陰が1ヶ月程は
車内にタバコの臭いは残っていないそうです。ただしオゾン脱臭をしても、その後殆ど換気もしないで
タバコを吸っていればそれこそ数日もすれば臭いはし出すと思います。このオゾン脱臭は表面的な臭いを
分解し、そのことによって臭いを消すことが可能ですが、それでもシートや天井、フロアカーペットなどの
繊維内に入り込んでいたり、またエアコンのエバポレーター(冷却装置)なんかに付着している臭いには
効果が発揮されず、しばらくしたらそれらが臭い出すのでしょう。

8)約6ヶ月おきに車内スチーム洗浄を業者に依頼。
この車内スチーム洗浄が一番効果があると言っていました。オゾン脱臭は表面的な臭いを分解して
消臭する訳ですが、このスチーム洗浄はシートや天井、フロアカーペットなどの繊維内部の汚れや臭い
までスチームの熱と水分で浮き出させて、それから専用のバキューム掃除機でその汚れを吸い込むことで
完全に臭いの元を絶ちます。
しかし施工料金は結構高いようです。友人は常連なので車1台(セダン)、通常3.5万円程するところを
2.5万円程の料金でやってもらっていると言っていましたが、それでも私は高いと思いました。

9)約1年おきにエアコンのエバポレーター洗浄を業者に依頼。
エバポレーター洗浄はかなり効果があるそうです。これは市販のエアコン洗浄剤を使用するものでは無く
一度エバポレーターを取り外して隅々まで完全に綺麗に洗浄する方法で行っているみたいです。
このエバポレーター洗浄はタバコの臭いだけでは無く、カビ臭さにも有効です。エバポレーターは
冷却装置なので、絶えず結露を起こしています。毎日エアコンを使用しているのであれば菌は繁殖
しにくいのですが、時々しかエアコンを使用しないようなケースではこのエバポレーターにカビが
発生して、車内はカビ臭くなります。またカビの胞子が車内に吹き出されてしまうので健康面にも
悪影響を及ぼします。よって車を購入してから5年以上経過している場合、もし車内臭が気になる場合は
とりあえずエバポレーターの洗浄から取りかかって下さい。DIYでも洗浄は出来ますが、もしDIYでの
作業が苦手とか、出来ないと言った場合は業者に頼むことも検討して下さい。
友人がお願いしているところでは通常2.5万円程とのことですが、ルームクリーニングやオゾン脱臭を
いつもやっているところで、常連価格(そんなものがあるのかわかりませんけど)でやってもらって
いるそうです。

10)約1年おきに車内の完全クリーニングを業者に依頼。
9番で記載したエバポレーター洗浄と同時にやってもらうことが多いと言っていました。
この車内完全クリーニングと言うのは、文字通り完璧に清掃/洗浄してもらうことです。
DIYでも出来る内容が多いとは思いますが、意外と車内をくまなく全て綺麗にするのには時間が
相当掛かります。このクリーニングにはシートや天井、その他フロアカーペットのスチーム洗浄は
勿論のこと、オゾン脱臭、二酸化塩素での除菌など全てセットになったもので、料金はかなり高額で
9万円程するそうです。こちらも友人は常連価格(?)の6万円程でやってもらっているとのことでした。

11)シートカバーを装着
こちらは番外編です。常にシートカバーを取り付けている訳では無いとのことで、取り付けて
いるのは夏場のみと言っていました。子供がいるので夏は海に行ったりキャンプに行ったり
することが多いようで、車の中が汚れやすいからだそうです。
シートカバーなんかしても意味が無いと思われる人もいるかもしれませんね!?
しかしシートカバーは結構有効だそうです。車のシートは一般的にファブリック(生地)が使用されて
いますが、この繊維内にはタバコの臭いが浸透しやすいです。しかも臭いが浸透しやすいくせに一度
臭いが染み込んだら、なかなか抜けにくいのです。それに対してシートカバーは合皮製のものが殆どで、
繊維にはなっていないので臭いが浸透しにくいと言った利点があります。当然飲み物などをこぼした
時でもそれらの液体が浸透しにくいので拭き取りが容易になり、車内を清潔に保つことも可能です。
シートカバーと聞くと何となくブカブカの汎用品しかイメージ出来ない人もいるとは思いますが、
最近は車種専用のものが一般的になっていますし、国産車であればほぼ100%専用設計のものが
あります。外車であってもマイナーなもので無ければ製品化されています。
一度ご自分が所有されている車種でシートカバーがあるのか探してみてはいかがでしょうか?
下のリンク先のキーワードに車種名を追加すればおそらく専用のシートカバーが見つかります。
自動車用シートカバー(安い順で探す)

とまぁ、かなり徹底した消臭(脱臭)を常日頃心掛けていました。


上記の通り、友人はかなり神経質に換気をしたり、また消臭にお金を掛けていることがわかりました。
スチーム洗浄やオゾン脱臭など合計すると年間で10万円近く費用を掛けていることになります。
流石にここまで費用を掛けたらタバコの臭いが残らないのも納得出来ます。


納得は出来ましたが、さて、どうしたものか。そこまで費用が掛かるとなればちょっと考え物です。
友人は殆ど車を改造したりと言ったことは無く、あまり車にお金は掛けないのですが、車内空間は
出来るだけ快適にしておきたいと言う考えらしく、消臭/脱臭には費用をかなり掛けています。

私は完全消臭をしたいとは思っていますが、そこまでの費用は掛けたく無いです。
流石に車内クリーニングで6万円程となれば、私には高すぎますし、それなら手間が掛かっても
一度DIYで出来るところまでやってみようと言う気になりました。
そこでここ1ヶ月程、色々な情報を収集したり、実際色々と試してもみました。
消臭をしようと頑張るのに、車内でタバコを吸ってしまえばその努力が水の泡となってしまいますし、
消臭剤や消臭方法における効果の確認も出来ませんので、既に3週間程車の中では一切タバコは
吸っていません。タバコを吸っていないので、正確に消臭効果は確認出来るでしょう。

とりあえずやってみたのは、って今までもやっている方法ですが、スプレー式消臭剤を使用する
ことです。まぁ、今まではシートに数回スプレーする程度でしたが、今回は1回で消臭剤を1本使い切る
くらいまんべんなく、またいつもはスプレーをしないシートの下などにも大量に吹き付けておきました。
その後半日は車内を閉め切って、消臭成分が充満するようにしておきました。
翌日ドアを開けて臭いを嗅いでみたら、消臭剤の臭いはしましたが、タバコの臭いは殆どしません。
「おっ、これは数回やれば効果がありそう」なんて思っていました。しかし翌日にはどこからともなく
タバコの臭いが漂って来ます。数日もすれば元通りです。これでは何回やっても消臭なんて出来ないし、
印象としては、その消臭剤の臭いで誤魔化しているようにしか思えませんでした。


例え消臭剤を大量に吹きかけるだけでは全くもって根本的な解決にならないと思ったので、今度はシートや
天井などを、市販の泡タイプのクリーナーを使用して拭き掃除をしてみました。
Unicon_detergent
購入したのはどこでも売っているようなシート&カーペットクリーナーです。
価格は800円程だったと思います。

これは消臭剤を使用するだけよりは結構効果がありました。とは言え、それでもシートに鼻を近づけて
みたら、クリーナーの臭いとは別に、タバコの臭いはします。表面的な臭いはかなり消えたのでしょうが、
繊維内部から臭いが滲み出てくるのでしょう。

そこで次に試みたのは水洗いです。水洗いをするとは言っても、勿論車内を水浸しにする訳には
いきません。とりあえず簡単に外せるヘッドレストと後部座席のシート、そしてフロアマットのみ
洗剤を大量に使用して洗ってみました。

Rinse
フロアマット(カーペット)の洗浄は基本的に皆さんやられていることでしょう。
しかしヘッドレストの洗浄なんてしたこと無いと言われる人も多いとは思いますが、ヘッドレストは
直ぐ取り外すことが出来ます。また一部高級車などを除いて、このヘッドレストに電子機器が内蔵されている
ことは無いので、別に丸洗いしても問題はありません。
※何らかの配線が接続されているものでは、内部にスピーカーやセンサーが内蔵されている場合もあります。
この場合丸洗いは出来ませんのでご注意下さい。
※革製品の場合は残念ながら水洗いは出来ません。

洗い方は特に難しいことなど一切ありません。単純にホースで勢いよく水を掛け、内部まで水が浸透したら
洗剤を掛けてやります。洗剤が内部まで浸透するまで10分くらい放置し、その後柔らかいブラシや
スポンジなどで軽く表面を洗ってやるだけです。
濯ぎは念入りに行って下さい。洗剤が内部まで浸透し、ホースで水を掛けたくらいではなかなか泡は
切れてくれません。もし大きいバケツがあればそれにヘッドレストを浸しても良いでしょう。
浸すことが出来るようなバケツが無い場合は勢いよく水を掛けて、泡が出なくなるまでひたすら濯ぎを
してやって下さい。
泡が出なくなったら乾かします。おそらくヘッドレストであれば天気の良い日に丸1日干しておけば
8〜9割方乾いていると思います。そのくらい乾いたら元通り車内に取り付けても大丈夫です。

シートも丸洗いしたら良いのですが、全てのシートを取り外すことってなかなか大変です。
また、パワーシートであれば100%水洗いは出来ません。
私の車はパワーシートになっているので、フロントは水洗いは出来ませんでした。
その代わりリアシートの座面は直ぐに取り外せたので、今回はそれだけ水洗いしました。
Rinse2
洗い方はヘッドレストと同様です。このくらいのサイズになると浸け置き洗いは出来ませんので勢い良く
ホースで水を掛けて泡が出なくなるまで入念に濯ぎを行う必要はあります。
丸洗いをしたら乾かさなければなりませんが、シートは大きくて厚みもあるので1日では乾きません。
多分真夏日でも2日掛けて8割程乾く程度だと思います。真夏でさえ2日は掛かるので、冬場なら3〜4日は
掛かるでしょう。8割乾けば車内に戻しても大丈夫だと思います。勿論100%乾燥させてから戻した方が
良いのですが、私は待つのが面倒だったので1日乾かした程度で車内に戻してしまいました。
この程度であればおそらく6割程しか乾いていなかったのでしょう。ただし私が作業したのは1年を通して
一番暑い8月初旬であったので、車内の熱気でも乾かすことが出来るだろうと思いました。
ただ案の定シートを戻してから3日程は車のドアを開けたら車内は蒸し風呂のように湿度は高かったです。
梅雨時にシートの丸洗いはしない方が良いです。多分カビが発生して大変なことになるでしょう。

パワーシートは丸洗いが出来ませんし、またリアシートの背もたれも取り外すのが面倒だったので、
こちらは別の方法で洗浄することにしました。
私がやった方法は薬局でエタノールを購入し、それをスプレーボトルの容量半分まで入れてそこに水を
同量入れた液体、つまり1:1の割合で薄めた液体を作りました。
その液体を霧吹きで拭きかけてタオルで汚れを吸わせる方法ですが、その前に再度シート用クリーナーを
万遍なく吹きかけ、軽くブラッシングしました。その後作っておいた水で半分に薄めたエタノールを
ビショビショになるくらいシートやその他内張の生地部分、それと車内のフロア(カーペット)に
吹き付けてやりました。5分程放置した後、乾いたタオルで叩くように水分を吸い取って行きました。
天井はビショビショになるくらいスプレーを吹き付けるのは困難ですが、シートやフロアは、それこそ
シャワーで水を掛けたくらいスプレーを多めに吹き付けておきました。ただしパワーシートは故障の
可能性があるので、ボトルで半分くらいの量しか吹き付けませんでしたが、リアシートの背もたれと
パワーシートでは無い助手席側はそれぞれにボトル1本分くらいのエタノール+水の混合液を万遍なく
吹きかけておきました。ちょっとやり過ぎ!?と思うくらいで無ければシート(繊維)内部の
汚れや臭いは浮き出て来ないと思いますので、ここは躊躇する必要は無いでしょう。
100%の水であれば乾きは遅いのですが、半分エタノール、つまりアルコールなので乾燥は比較的
早い為、ちょっとビショビショに濡れ過ぎでは!?と思うくらいでも大丈夫です。
ただし電気系統や電子部品などに液体が掛からないように注意しなければなりませんし、またシートの
下にナビやその他電装品を設置している場合はビニールを掛けておくなど対処する必要はあります。

ここで注意点があります。エタノールの原液をダイレクトに吸引すると気管支炎や食道内の粘膜が爛れ、
最悪呼吸困難に陥る可能性もあります。そして原液が目に入った場合、これも運が悪ければ失明する
ことも希にあるそうです。と、かなり恐怖を煽るようなことを書きましたが、半分に薄める訳ですし、
また目に入らないように注意し、マスクをしながら換気も十分に行っていれば一切危険は無いでしょう。
ちなみに私は全ての窓とドアは開けっ放しにして換気は十分していましたが、別にゴーグル(保護メガネ)
マスクは着用しないで作業をしていましたが、全然問題はありませんでした。
※不安な人はゴーグルかメガネ、マスクの着用はした方が良いと思います。

シートクリーニングと同時に、車内の樹脂パーツ(ダッシュボード等)も強力な洗浄剤を使用して
綺麗に拭き掃除をしておきました。勿論窓ガラスも全て拭き上げました。
Curme_newdrum
使用した業務用の洗浄剤です。厨房用となっていますが別に他の部分へも使用出来ます。
厨房用とあるのは、強力に油汚れを分解することが出来るからで、ヤニ汚れも同じく強力に落とします。
結構効果はあったので紹介しようと思い探してみましたが、何故か探し出せませんでした。
尚、このニュードラムと言う業務用洗浄剤は5年程前に通販で購入したものです。5年も経っているので
もう同じ商品は無いのでしょうかね?(もしくはパッケージに変更があったとか)

汚れ落としの効果はかなりあったので、別の商品ですが同じような性質のものを紹介しておきます。

厨房の油汚れ落としとして販売してありますが、頑固な油汚れを強力に落とすのでタバコのヤニも
問題無く綺麗に落とすことが出来るでしょう。
使用に関して一点注意点があります。この手の強力クリーナーは希釈率を間違って薄めて、その洗浄剤を
素手で直接触ると肌がカサカサになってしまいます。(短時間触れた程度なら洗い流せば心配いりません)
今回私は素手で拭き掃除をしましたが、かなり濃く洗浄剤を希釈してしまったので手がシワシワ、カサカサに
なってしまいました。(保湿クリームを塗ったら1日で直りましたけど)
かなり薄めて使えば素手でも大丈夫ですが、薄め過ぎると効果が低くなってしまいます。
この手の強力洗浄剤を使用する場合はゴム手袋をはめて作業をして下さい。
そしてクリーナーで拭き掃除が終わったら、洗浄剤を水拭きを何度もして拭き取って下さい。

その他タバコのヤニ汚れ専用の洗浄剤もあります。

ここまでやると流石に車内のタバコ臭はかなり消えていました。かなり消えたとは言っても、
55%消えた程度でしょうか。まだ臭いは気になりました。
そこで前回はあまり役に立たなかったファブリーズやリセッシュと言う消臭剤を再度試してみました。
前回はシートの洗浄をしないまま使用したので、内部から臭いが出て来て消臭効果が低かったのかも
しれないと思ったからです。今回も消臭剤1本丸々使い切ってみました。
翌日臭いの確認をしたところ、だいぶ車内は爽やかになっていたのですが、また数日したら効果が
消えていました。再度思ったのは、これらの消臭剤は消臭効果よりも含まれている芳香剤の臭いで
誤魔化しているように感じます。ですが全く何も消臭出来ていないとも言い切れないと思います。
消臭効果は微々たるものですが、感覚的に1%程度と極僅かの効果はあったと思います。
つまりここまでで、車内のタバコ臭は55〜60%程度消えた感覚です。

今度はファブリーズとは成分の異なる消臭剤を試してみることにしました。
Drdeo
これはカーメイトのドクターデオ(Dr.DEO)と言う消臭スプレーです。価格はファブリーズなどの
約2倍はしていますが、「安定化二酸化塩素」と言うものを使用しているので、基本的に全く異なる
成分が含まれています。消臭効果は勿論のこと、カビ菌やウィルスなども強力に除菌してくれます。
消臭効果を点数で付けたら60点くらいでしょうか。価格相応と言ったカンジです。


実際使用してみたところ、ファブリーズなど、どこでも売っているような消臭剤よりは確かに効果が
ありました。価格は約2倍程ですが、効果は3倍くらいはありそうです。ファブリーズでの効果が1%と
した場合、このドクターデオは3%くらいと思ったら良いでしょう。
それでもシートやヘッドレストを丸洗いしたり、またエタノールを大量に吹き付けてから拭き取る洗浄方法に
比べたら効果は大したことありません。これらの消臭剤は仕上げに吹き付ける方が良いのでしょうね。

ここまででおおよそですが、60%程度臭いは消えた感じです。

まだ臭いは気になります。

そこで続いては車内のスチーム消臭剤を使用してみました。
Prostaff
銀イオン配合の消臭剤で、効果がありそうです。しかもワンプッシュで薬剤が噴出され、エアコンを
内気循環で作動させたまま5分程放置するだけで車内全体にその薬剤が行き渡ります。
こちらも点数を付けるなら50点くらいです。使用後の即効性はありますが、持続性は低いような気がします。

 PROSTAFF(プロスタッフ) 消臭ドカン ナ...

 PROSTAFF(プロスタッフ) 消臭ドカン ナ...

価格:380円(税込、送料別)

価格も比較的安いのは嬉しいですね。

使用方法は缶の側面に記載されていますが、私は効果を少しでも高めたいと思ったので、使用方法通り
には行っていません。基本は説明通りではありますが、10〜15分後に換気するように記載されている
ところを、私の場合、エンジンを切ってそのまま半日程換気せずに放置しておきました。
これで車内には薬剤が充満した状態になり、効果は更に高まると思ったからです。

さて翌日車のドアを開けて臭いを確認してみました。ファブリーズを1本丸ごと使用するよりはかなり
消臭効果がありました。ですがこれでも完全消臭が出来ていた訳でもありません。
おおよそ5%くらいの消臭力と言った感覚でしょう。

この時点で、元のタバコ臭からは65%くらい消臭が出来ていることになります。

DIYで安価な方法ではこのくらいが限界なのでしょうか…

イヤ、まだ諦めませんよ。

そう言えばエバポレーターの洗浄をやっていないことに気が付きました。
エバポレーターは以前エアコンフィルターの交換をした時にエアコンクリーナーを使用して簡易洗浄は
していますが、それから数ヶ月は経っています。その間にも車内でタバコは吸っているので、
多少のヤニは付着しているでしょう。
そんな訳で再度エバポレーターのクリーニングを行ってみました。
やり方は過去の記事をお読み頂ければおわかりになると思います。
過去記事:スバル・レガシィBP/BL エアコンフィルター交換/エアコン洗浄

Evaporatorcleaning1
一応こちらでも説明しておきます。エアコンフィルターのカバーまでとりあえずアクセスして下さい。

Evaporatorcleaning2
エアコンフィルターのカバーを取り外します。

Evaporatorcleaning3
その後エンジンを始動させ、エアコンを入れ、内気循環にします。
画像ではブロアファンは停止しているように見えますが、実際ファンは回っています。

このファンに市販のエアコン洗浄剤を吹き付けてやります。

Airconditioner_detergent
使用したのはどこでも売っている市販のエアコン洗浄剤です。
これを1本丸ごとファンにめがけて吹きかけます。
1本使い切った後、車両の下を覗いてみて下さい。ドレインパイプから液体がボタボタと落ちているのが見える
筈です。これを見ただけでも何となく結構エバポレーターが綺麗になっていそうな気にはなるでしょう。
各ドアや窓は全て開放して十分換気しながら作業をして下さいね。

その後10分程エアコンは作動させたまま換気もして下さい。

これでだいぶ臭いが無くなりました。多分効果としては10%くらいはあったでしょう。
もし初めてエバポレーターの洗浄を行うのであれば、その消臭効果はおそらく30〜40%くらいはあると
思います。私の場合、数ヶ月前にこの作業はしているので今回劇的に消臭効果があった訳ではありませんが
それでも数ヶ月分のタバコのヤニは確実にエバポレーターに付着していたので、それによって臭っていたの
だと思いますが、それが殆ど消えてくれました。

エバポレーター洗浄を終えたので、そのついでにエアコンダクト内の掃除もしておきます。
Airvent_cleaning
エアコン送風口を内装ハガシを使用して取り外しました。
その後送風口を洗浄剤の入ったバケツに丸ごと浸け込んでおきます。
またダクトやパイプなどを清掃するワイヤー式のブラシを購入しました。初めブラシだけでダクト内の
掃除をしようとしましたが、ブラシでは全く内部の汚れなど落とすことは出来ませんでした。

そこでブラシにタオルを巻き付けました。
Cleaningtool

自作清掃道具をダクトに入るところの限界まで突っ込んでみました。
Airduct_cleaning
画像をご覧頂いたらおわかりかと思いますが、意外と奥まで入っていますよね。
奥まで入ったらグリグリとひねったり、また抜き差ししながら念入りに掃除をしてみました。

After_cleaning
とりあえず助手席側のエアコンダクトを拭き終わった後の汚れ具合です。約3年の汚れです。
想像していたよりは汚れていませんでしたが、それでも確実に汚れは付いていますね。

あとは運転席側とセンターの吹き出し口のダクトを掃除します。
Airvent_center
センターの吹き出し口も内装ハガシを隙間に差し込んでやれば結構簡単に外すことが出来ます。
時計や燃費計などが付いている場合、カプラーがありますので、そちらは外して下さい。

残念ながらセンターのエアコンダクトはあまり奥まで清掃道具が入ってくれませんでした。20cmくらい
入ったところで急激にダクトが曲がっているのでしょう。仕方がないのでそこまでの範囲を清掃して
おきました。

あとは送風口を元に戻して下さい。流石にダクト内を清掃したら臭いはかなりしなくなりました。

この時点でおおよそ80%程度は元から比べて消臭出来ているカンジです。

残り20%。もう殆どDIYで出来る範囲のことはやり尽くしました。

ここからはいくつか気になった消臭剤を試して行こうと思います。
Titanium_liquid
コレはアトムペイントから販売されている光触媒コーティングスプレー「チタンリキッド」と言うものです。
容量は少ないのに販売価格は高く、ホームセンターで1,600円程の値札が付いていました。
しかし在庫処分特価で900円になっていたので、物は試しと購入してみました。

早速シートやフロアカーペットなどに吹き付けてみました。臭いは殆どありません。また消臭の即効性も
あまり無さそうです。そんな訳で数日消臭効果の様子を見ていました。
数日間様子を見ていましたが即効性もあまり無ければ消臭効果もあまりありません。
他の消臭剤と似たようなもので、2〜3%程度の効果と言ったカンジです。
購入価格がちょっと高かったので失敗したな〜と思っていました。
何となく効果が期待出来たのに、正直それ程でも無いと感じたので、今一度光触媒に関してちょっと
調べてみました。
光触媒の消臭剤に含まれている成分は酸化チタンと言うものらしいです。酸化チタンによる消臭に対する
効果(原理)とは一体どのようなものかと言いますと、酸化チタンは太陽光に含まれる紫外線によって
活性化され、活性酸素を生成します。この活性酸素はその強い酸化力によって、様々な有機物を分解し、
また細菌を殺し、更に臭いを分解します。なかなか優れもののようですが、紫外線が当たらなければ
活性化はされません。そこで何故即効性や効果がイマイチと感じたのか、その原因を考えてみました。
よくよく考えてみたら、最近の車の窓は紫外線カットガラスが採用されているものが多いです。
って、それじゃ光触媒が効果を発揮しないのは当然かもしれません。勿論紫外線(UV)カットガラス
だからと言って100%紫外線をカット出来る訳ではありません。車種やメーカーによっても異なりますが、
UVカットガラスは少なくとも80%程度、多ければ95%くらい紫外線をカットしてくれるようです。
要するに最近の車への使用はあまり意味が無いと言うことになるのでしょう。
この光触媒スプレーは一般住宅での使用なら効果を発揮すると思います。ご自宅などの窓ガラスは
UVカット機能が施されているものはまだそんなに普及していませんので、ご自宅でタバコを吸われる
とか、また何らかの臭いが気になっているのであれば使用されても良いと思います。

私が購入した光触媒の消臭剤は残り2本だけでした。その後そのホームセンターに行ってみたら既に
特価と言うことも手伝って在庫切れ。一応店員に次回入荷時期を確認したところ、この商品は既に
製造を中止した商品だとのことです。
多分車内専用として販売していたのが仇となったのかもしれませんね。何故なら最近の車はUVカット
ガラスが採用されているので、効果があまり無いとクレームが入ったのかもしれません。
考え方(使用場所)さえ変えたら、結構使えると思いますよ。


光触媒での消臭を試してみたい人は私が購入したものを探すより、上のリンク先で紹介した商品を
使用されたら良いでしょう。
光触媒での消臭性能は似たようなものだと思います。
尚、この光触媒の消臭剤は車内で使用するより、どちらかと言えばご家庭や職場で使用された方が
効果を発揮するでしょうね。家庭用や事務所など、一般的なアルミサッシの窓ではUVカット機能が
施されていることは少ないです。つまり車の窓よりも紫外線を多く取り込むと言うことになります。
そう言った意味でも家庭や職場での使用がベストかもしれません。

続いてカーメイトのスチーム消臭剤の使用です。
ネットでも比較的評判が良いので、ちょっと期待していました。ただし他の燻煙(蒸散)タイプのものや
連続スプレー噴射式のものより若干価格は高めです。
Carmate_d38
まぁ、大型タイプを購入したから高かっただけですけどね。カー用品店で1,000円程しました。
いくつか種類はありますが、「銀イオン」を配合してある商品だったので、効果は他のものよりも
ありそうだと言う理由でこの「D38 スチーム消臭 銀」を購入してみました。

使用方法は簡単です。
Steam_deodorant
パッケージを裏向け、そこに破線がありますので、それに沿ってパッケージの一部を切り取ります。
エアコンをオンにし、内気循環にしてスチーム消臭剤のパッケージを逆さに設置します。
パッケージの中には薬剤が入った缶があり、フタには押しボタンが付いています。
そのフタのボタンを強く押し込めば10〜20秒程したら缶が熱を持ち出します。その熱で中の薬剤が
反応して噴出されます。車の窓は全て閉め切っておいて下さい。スチームが噴射され出したら
直ぐに車外に出て、そのまま15分程放置します。15分程経ったらエンジンを切ります。
パッケージの説明には直ぐに換気するようにと記載されていますが、薬剤を隅々まで行き渡らせる為
私の場合窓を閉め切ったまま最低半日はそのまま放置しておきました。

その後車内の臭いを確認したところ、今まで使用して来た消臭剤の中では一番効果があったようです。
しかしこれでも他の消臭剤の2倍くらいです。2倍も効果があればかなりのものだと思われるでしょうが、
他の消臭剤の効果が2〜3%程度でしかありませんので、この消臭剤が例え2倍の効果と言っても
たかだか4〜6%程度の効果でしかありません。

一つ捕捉をしておきます。実はこのカーメイトのスチーム消臭剤は今回で2回目の使用です。
1回目の使用は今回使用する約1週間程前でした。説明通りに使用したのですが、スチームが殆ど噴出
されませんでした。そこでカーメイトのサポートにクレームの電話を入れたところ、原因を究明したい
から使用したものを送料着払いで送って欲しいと言われたので送付しました。
その後5日程して返品されて来ましたが、スチームの噴出不足原因は缶のプッシュボタンを押した際の
内部反応が緩かったことが判明しました。これは製品不良によるものだったのか、もしくは私が強く
押したつもりでも、実はその押し込みが甘く、それで反応が鈍ったのかは定かではありません。
よってこの商品を使用する場合は、「これでもかー!」と言わんばかりに強く缶のプッシュボタンを
押し込んで下さい。

カーメイトのサポートからは代替品(購入した同商品)と合わせて試供品と言うカタチで
「D87/車内清潔 スチーム消臭 超強力 エアコン用(無香)」を送付して頂けました。
Carmate_d87
こちらはまだ使用していません。車内の臭いはおそらくまだ染み出して来るでしょう。
よって1ヶ月程経った頃にこちらは使用してみようと考えています。


他にもタバコに効果がありそうな消臭剤は多数あります。
※使用者の感想がありますので、それらのコメントを参考にして下さい。

タバコ用消臭剤各種(使用感想の多い順)


ここ2週間程、色々な方法や消臭剤を試して来ました。そろそろ限界も近いように思います。
あとは今後もタバコは車内で吸わず、自然に臭いが薄くなって行くのを待つしか無いようですね。


最後の締めくくりに試したいことがありました。それはオゾン脱臭です。
私の友人もやっていて、効果がかなりあるとのことで最終的に試そうと思っていました。
ただしオゾンは危険性が高いと言う意見をネットで読んで、ちょっと躊躇していました。
しかし色々と調べたり、また再度友人からも意見を聞いた上で、頻繁に利用しなければ殆ど危険性が
無いと言うこともわかりました。頻繁と言う度合いは、週1回の利用では多過ぎると言うことであって、
例えば1〜3ヶ月に1回の利用であれば全く問題は無いそうです。

一応皆さんもオゾンの危険性に関してはネットで調べてみて下さい。
googleキーワード検索:オゾン 毒性
googleキーワード検索:オゾン 危険性

オゾンの危険性をもの凄くクローズアップしている記事もあり、私も不安になりました。
ですが時間を掛けて調べて行くうちに、使用方法さえ問題無ければ別に危険性が無いことがわかりました。
私は心配性なので、いくつかメーカーや、更には研究機関にまで電話で問い合わせしてしまったくらいです。
結論から言いますと、自動車整備工場やカー用品店などで行っているオゾン脱臭では、その装置が発生する
オゾン濃度くらいであれば、使用後に換気を行ってやれば一切問題は無いと言う回答でした。
オゾンはとても不安定な分子構造で、時間が経過すれば酸素に変化して行くそうです。これは密封された
空間であってもオゾンとしての分子構造を長時間保つことが出来ないそうで、換気をするのであれば
尚更直ぐに分子構造が崩れて酸素に変わってしまうとのことでした。
危険と言われるのは、高濃度オゾン発生装置を密閉した空間に置き、連続して動作させて、その空間に
人間(動物)が入った時のことを言うだけで、そうでは無く、脱臭の為にオゾンを発生させ、その後換気を
十分行ってやれば無害になると言っていました。
ですが一つ注意事項がありました。それは換気を行えば無害化されるので人間(動物)には問題は無いの
ですが、車内の各機器類にはダメージが及ぶ可能性があるとのことです。
ただしこれは極端な使用方法で、例えば毎日業務用の強力なオゾン発生器で除菌、消臭をし続けた場合に
引き起こされる問題であって、業務用のものでも月に1回程度であれば何ら問題は無いようです。
むしろタバコのヤニによる光学機器(HDDナビなど)への攻撃性の方がよっぽど強いそうです。
(毎日タバコを数本車内で吸うのと、週に1回オゾン発生器を30分程度作動させる場合での比較)

以上の通り、数ヶ月に1回オゾン脱臭を行い、施工後に換気を十分してやれば問題が無いことが
わかったので、一度私も効果が期待出来そうなオゾン脱臭を行ってみることにしました。

初め友人がいつも利用しているところでお願いしようかと思ったのですが、私の家から車で1時間程の
距離はありました。そこでネットで調べたら、スーパーオートバックスでもオゾン脱臭を行っている
ことがわかりました。しかも料金はレガシィワゴンクラスでも1,575円です。
(軽自動車や5ナンバーの普通車で1,260円で、ミニバンなどでも2,100円だったと思います)
スーパーオートバックス京都
思いの外安かったので早速お願いしてみました。

ピット内での作業なので、作業をしているところを撮影することは出来ませんでしたが、
遠目で見ていたら工具箱くらいの大きさの装置を助手席に設置していました。
私が勝手にイメージしていたのは、もっと大きな装置で、そこからホースで車内にオゾンを
吹き込むのかと思っていました。その想像とはかなり掛け離れ、あんなサイズの装置でオゾンなんて
発生出来るのかとちょっと心配になったくらいです。もしかしたら効果が無いのでは!?
なんて思いながら作業終了まで待っていました。作業時間はおおよそ40分程でした。
多分20〜30分程装置を作動させ、10〜20分程換気していたのだと思います。
作業終了の連絡が入ったので、臭いを確認してみたところ、確かにタバコの臭いは全くしません。
ピットの作業員が「ちょっとオゾン特有の臭いはしますよ」と言っていた通りオゾンの独特な
臭いはしていました。クサイ臭いと言う訳ではありませんが、本当に独特な臭いです。
「オゾンを直接吸引すると危険」と言う先入観から、何となくその臭いを嗅いだら少し気分が悪く
なりました。まぁ、実際は何とも無かったんですけどね。
「病は気から」と言うことわざがあるように、もしウソでも「オゾンは健康にとても良い」
なんて言われていれば多分清々しい気分になっていたでしょう。先入観なんてそんなものです。

10分くらい換気させながら走行していたら、そのオゾン特有の臭いは全くしなくなりました。

で、気になる効果ですが、これはビックリしました。何と無臭です。強いて言うなら新車時と同じ
ような(厳密には違いますが…)車内臭です。
勿論ここしばらくDIYではありますが、消臭の為に様々な努力を行って来たからの結果ではありますが、
ここまで効果が出るとは流石に思っていませんでしたのでホント嬉しかったです。
ですが、全く車内清掃や消臭を行っていない車両にオゾン脱臭をしたところで、その効果はそこまで
発揮されることは無いでしょうから、もし臭いが気になる人は、オゾン脱臭の前に必ず自分で出来る
消臭や清掃の全ては行っておいた方が良いでしょう。

オゾン脱臭は最後の仕上げとしては結構オススメです。


もうこれで無臭だ!と思っていました…

オゾン脱臭をして今で1週間程経ちますが、しかし僅かにタバコのような臭いはしています…

確かにオゾン脱臭に関しての説明を受けた時、オゾンは表面的な臭いを分解して無臭にする効果は
ありますが、生地(繊維)内部に入り込んだ臭い成分までには浸透することは無いと言っていました。
つまり現在の車内臭はその内部から染み出す臭いなのでしょう。
こればかりは仕方がないですね。やはり時間を掛けて臭いが抜けて行くのを待つしか無さそうです。

ただ、一言付け加えると、オゾン脱臭は他の市販消臭剤よりは効果があります。
それこそ毎日行えばずーっと新車と同じような臭いでいられるでしょう。しかし業務用のオゾン脱臭器の
使用は確実に車内の劣化や損傷を早める気がします。よって業務用のオゾン脱臭をする場合は
最低1ヶ月程度は期間を空けた方が良いと思います。

私は今回の経験から、3ヶ月に1回くらいの割合でオゾン脱臭をしようかと思っています。

尚、業務用のオゾン脱臭器は強力ですが、一般でも使用できるオゾン脱臭器も販売されています。
市販されているオゾン脱臭器は、かなりオゾンの発生が抑えられているようなので、これであれば毎日
使用していても問題は無いとのことです。
1ヶ月おきに業者にお願いしていたら、年間では1.5万円くらいかかりますが、市販のものは1万円以下
なので、継続して使用したい場合は購入を検討しても良いのかもしれませんね!?


完全消臭を目指し約3週間が経過しました。現時点で元の車内臭(タバコ臭)から約90%消臭は
出来ていると思います。
ちなみに私が80%程度の消臭が出来た(20%程度臭いは残っている)と言っていた時点で、
実は友人が私の車に乗った時に、既にタバコの臭いは気にならないと言っていました。

それともう一点、車内消臭が90%程出来ているのか、現在はタバコの臭いと認識することは逆に難しいのかも
しれません。おそらく他人が私の車内臭を嗅いだら喫煙していたとは殆ど思わないでしょう。
ただ、何となく「何かの臭いはする」と言った感覚だと思います。
私はタバコを車内で吸っていたので「タバコ臭」と決めつけている部分はありますが、
「タバコを吸わない」友人がタバコの臭いはしない(気にならない)と言っているので、実際タバコの
臭いだと判別が出来ない、もしくはしにくいのは間違い無いでしょう。
とは言っても「何かの臭いはする」と言うのは事実です。私の感覚で言えば、タバコのヤニ臭さでは無く、
砂埃っぽい臭いのように感じます。要するに「爽やかさ」が無いのです。
※実際砂埃なんて車内には入って来ていませんよ。先日フィルターを確認しましたが問題ありませんでしたし。

そんな訳で妥協案として「置き型ファブリーズ」で様子を見ることにしました。
本当は臭いで誤魔化すことはしたく無いのですが、サンプルの臭いを嗅いでみたらそんなに嫌な臭いでは
ありませんでしたし、若干爽やかさもありました。
Febreze_for_cars
購入したのは「フレッシュハーブ」です。それと購入した理由はもう一つあります。
現在この車用ファブリーズはキャッシュバックキャンペーンを実施しているからです。
キャッシュバックと言っても、購入しただけでお金が返ってくる訳ではありません。
「消臭に満足できなかった方、返金いたします!!」と言うことです。つまり使用してその消臭効果が
微妙だと感じたり、また不満に思った場合、使用中の商品をメーカーにレシートを添えて着払いで
送付すると、購入代金を返金してくれると言うものです。
メーカーページ:クルマ用ファブリーズ キャッシュバック キャンペーン
そこまで言うなら一度試してやろうじゃ無いのっ!と、まんまと口車に乗せられて(?)購入してしまい
ました。なかなか商売上手ですね。ちょっとくらい不満に思っても、たかが600円くらいの商品に対して
返金の請求手続きをする方が面倒だからやらない人も大勢いるでしょうし。
でも、私は違いますよ。もし満足出来なければ必ず返金要求します!

ところでこのファブリーズ、今で使用し始めて2日目です。残念ながら(?)結構良いかも…
あれ?私の返金要求&クレームの野望が果たせない!?
まぁ、本当は効果があって満足出来ればそれが一番なんですけどね。
と言う訳でもうしばらく様子を見たいと思います。

それから、もしシート下にこのファブリーズを設置するのであれば、本体は見えない訳です。
それであれば詰め替え用のものを購入した方がお得ですよ。詰め替え用のものとは言っても
容器に入っている訳で、内容物がこぼれたりすることはありません。

〜車内消臭に関してのまとめ〜
長々と書き込んで来ましたが、じゃ、一体どうすれば効率良く消臭出来るのかを、私が今まで実践して
来た内容や経験を元にまとめてみたいと思います。

まず消臭剤だけの使用では決してタバコの臭いを消すことは出来ないと言うことです。
タバコの臭いはかなり厄介で、元から絶たなければ決して消すことは出来ない臭いだと思います。
一番効果的と言えるのは、車両から取り外せ、また丸洗いしても大丈夫なものは洗剤を使用して
完全に洗ってしまうことです。既に記載の通り、ヘッドレストやフロアマットは簡単に洗えることは
おわかり頂けたでしょう。またリアのシートも意外と簡単に外せる車種は多いと思いますので、
こちらも丸洗いしてしまいましょう。それと、電動で無ければフロントシートも頑張って取り外し、
車外に出してしまって丸洗いしたら効果はかなりあります。ただしフロントシートは軽くても
最低15kg程度の重さはあります。標準的な重さは20kgだと思います。運び出す時に腰を痛めないように
注意して下さい。それと、車外に出す時、うっかりボディに当ててキズを付けてしまったなんて言う
ことは時々聞きます。シートは重量もありますが、サイズも大きいのでギリギリドア開口部から
運び出せるくらいだと思います。よってキズ付き防止としてシートの金具には養生テープなどを巻き付けて
万が一ボディに接触してもキズが付かないような対策をしておいた方が良いでしょう。
丸洗いしたら最低でも丸1日天日干しはしなければなりません。出来れば2日は干しておいた方が良いです。
特にフロントシートはなかなか乾燥しませんので、向きを変えたり、逆さにしたりして乾きやすいように
工夫する必要があります。丸洗いが一番効果があります。ただし電動シートは勿論のこと、取り外しが
しにくいリアの背もたれ、ルーフトリム、フロアカーペットは丸洗い出来ないこともあるでしょう。
そんな場合はシート/カーペット用洗剤で拭き掃除をして、その後霧吹きで多めに水を吹き付け、
それから水分を吸引出来るバキュームクリーナー(湿式掃除機)で吹き付けた水分を吸い取ってやるのが
最善の方法と言えます。一番良いのは「カーペットリンスクリーナー」と呼ばれる専用の掃除機を
使用すれば汚れも臭いもかなりの確率で取り除けるのですが、お値段は結構高価です。

業者に依頼して車内を完璧に清掃してもらうのと同等の金額になってしまいます。複数の車両清掃に
使用する場合や、定期的に車内清掃をするとか、またはご自宅のソファやカーペットも綺麗にしたいと
言うのであれば、購入しても良いとは思います。
しかし1回1台の車内清掃をする為だけであればあまり購入はオススメしません。
カーペットリンスクリーナーは本当に便利な掃除機ですが、ちょっと高いような…
これはケルヒャーのものだからと言うこともあるかもしれませんね。
ケルヒャーのものが高くて手が出ない。しかしこんな掃除機が欲しいと思われた人へオススメしたいのは
国内メーカーのリンサー(カーペットリンスクリーナー)です。


アピコって聞いたことも無いと言う人が殆どでしょうが、業務用掃除機では結構有名みたいです。
国内メーカーで、また業務用が本来メインの会社と言うこともあり、以外と性能は良さそうですし、
信頼もできそうです。
これならケルヒャーの半額程度で購入できますよ。

ただ、これでも高いと言うのであれば、多少手間は掛かりますが無難に乾/湿両用の掃除機を使用されても
良いでしょう。


こちらであれば価格は比較的安いです。ただしカーペットリンスクリーナーのような専用の掃除機とは違い
自分で霧吹きなどで洗剤や水を拭きかけてやる必要があります。そしてカーペットやシート専用の掃除機
では無いので、汚れの吸い取りにも工夫と時間は掛かるでしょう。おそらくカーペットリンスクリーナーで
作業する最低でも3倍の時間は掛かるものと思われます。普通の乾湿両用掃除機での作業手順としては、
まず汚れを落とすクリーナーで対象物を掃除し、その後霧吹きで水(もしくは50℃くらいのお湯)を
多めに吹き付け、それから掃除機でその水分を時間を掛けて丹念に吸い取ると言った流れです。

ちなみにこれらの掃除機を使用する上で一番効果を発揮するのはルーフトリム(天井)でしょう。
私はクリーナーを使用して簡単に拭き掃除をし、その後は消臭剤をいくつか吹き付けてみましたが、
それでも天井の臭いはなかなか取れませんでした。現在も僅かに臭いが発散されているようです。
これを水を吹き付けて汚れを浮かせてからバキュームクリーナーで吸い取ってやればかなりの効果は
期待出来るものと思われます。

このようなバキュームクリーナー(カーペットリンスクリーナー)などで繊維の汚れや臭いを吸い取って
やれば、その時点で80%程度車内の臭いは消すことが出来ると思います。
その後はエアコン内部(エバポレーター)を市販のエアコン洗浄剤を使用してクリーニングします。

その次にダッシュボードやドア内張などの樹脂部分と窓を洗剤や水で薄めたエタノールで綺麗に拭き上げ、
スチームタイプの消臭剤を使用した後でオゾン脱臭で仕上げてやれば、100%とは言いませんが、
95%は臭いが消える筈です。
残りの5%の臭いが気になる場合、置き型のファブリーズなどの消臭剤で誤魔化しつつ、あとは時間の
経過と共に臭いが薄くなって行くのを待つことでほぼ無臭の車内になるでしょう。


私は嗅覚がおそらく他の人より2倍は鋭いのか、臭いに関してはとても敏感です。
そんな私が専用の掃除機などを使用しなくても80〜85%程度消臭が出来ていると感じているのですから、
よっぽどヘビースモーカーの車両で無い限り、かなり消臭は出来ると思います。
オゾン脱臭をして数日は90%近く消臭出来ていると感じていましたが、やはり時間が経つにつれて
臭いが染み出して来ます。特にルーフトリムから臭いが出ているようです。
これは再度ルーフトリムを霧吹きで水を吹き付けながら時間を掛けて掃除しようと思っています。
乾湿両用掃除機を使って掃除をしていればこれらの臭いはもっと消すことが出来ているのでしょうね。


以上、車内の完全消臭を目指している皆さんもこの記事を参考に頑張って下さい。

〜追記〜
この記事の書き込みから約6ヶ月経過した時点での車内臭をお知らせしておきます。
現時点で一切タバコの臭いはしていません。この車が喫煙車だったことなど誰もわからないでしょう。
ちなみにその後は一切車内でタバコは吸っていませんし、更に去年の11月から禁煙もしていますので、
更に臭いには敏感になっていますが、それでも車内で臭いがしていないと実感しているのですから、
やはりどう考えてもタバコ臭は車内ではしていません。
いつから完全に臭いが消えたのかは覚えていませんが、多分消臭を初めて4ヶ月目くらいでタバコの
臭いは全くと言って良い程していなかったと思います。冬場で寒くなったから臭いがしなくなったのも
もしかしたらあるかもしれません。よって暖かくなってからもし臭いがするようにでもなれば、
また報告したいと思います。


〜追記〜
この記事の書き込みから約11ヶ月経過しました。
以前臭いは全くしなくなったと言っていましたが、暑くなって、また湿度が高くなって来てから
タバコとは判断出来ませんが、若干何かの臭いがしているように感じていました。
そこで再度スプレー式消臭剤を大量に吹きかけ、またエアコンダクトに市販のエアコンクリーナーを
吹き付けておきました。そしてその数日後にはオゾン脱臭もしておきました。
今で1週間経過しますが、現時点では消臭剤(置き型ファブリーズ)以外の臭いはしていません。
やはり半年に一度は消臭を兼ねた清掃やオゾン脱臭をしてやる必要はありますね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/459227/24685611

車内のタバコ臭、完全消臭への挑戦を参照しているブログ:

コメント

初めまして。

私は5年前まで約30年間、大体1日20本以上はタバコを吸っていて、車内もタバコ臭のある車でした。吸う時は窓を開ける、エアコンは外気導入にする事くらいは実施。体を壊して手術する羽目になりタバコは止めました。

車と匂いについてですが、前に買った中古のパジェロミニが、おそらくペットのおしっこ臭でしょうがそうとう臭く参りました。何とかしなければばと、後ろの座席を背もたれまで全部外して、水と洗濯用の洗剤をぶっかけて丸洗いしました。真夏に作業。この車種は後部シートが簡単に外れて、シート下の床の鉄板もべとつき汚れがあり、皿洗い用の「ママレモン」を浸み込ませたタオルで何回か拭いたらけっこう綺麗になりました。ペット(たぶん犬)は後席で飛び回らせて置く事が多いだろうため、後席の洗浄・清掃だけで相当消臭出来ました。

タバコの匂い消しについては、ブログを読ませて頂き、相当大変なのだと分かりました。煙は隅から隅まで行き渡り、浸み込みますから。ニコチンとタールもでしょうね。今、中古の軽の箱バンを買うか検討中です。その車は運転席のシートの中央に2つ位、丸くタバコの焦げ跡があります。自分も前、新車購入の車の運転席の足元シートに丸穴の焦げ跡を付けた事があります。こういう焦げ跡は、たぶんそうとうタバコを吸う人の車の場合に付くのだろうと思います。中古車店で実車を見た時は、車内にタバコ臭はすぐに気付くほどはしていませんでしたが、ブログを読ませてもらって、より一層その車を買うのは止めたくなりました。

人の体は、タバコの喫煙のニコチンやタールは腎臓を通過して膀胱に蓄積されるそうです。自分はある病気の手術の前に医師から聞きました。また喫煙の煙はブログで読ませて頂いた様に車内全域に浸み込みます。体はもちろん、車も喫煙で汚したらなかなか元には戻せないですね。ブログにもあった様に、現状喫煙者である方は車内で喫煙はしない様決めて車を汚さない事がよいでしょうね。
まとめが健康管理の話にもなってしまい、済みませんでしたが以上投稿させていただきました。

はじめまして。

僕は車の中でタバコをかなり吸います。
実家暮らしで家でタバコを禁じられているので
唯一タバコを思う存分吸えるのが車の中です。
しかし最近付き合った彼女はあまりタバコが
好きではありません。
付き合い出した初めのうちはタバコのことは
言われませんでしたが、最近よく言われる
ようになってしまいました。
それからは車の中でタバコを吸うのを控えて
いますが、今までのニオイが染みついて
全然取れません。
そんな時こちらのブログを読ませてもらい
僕も車内消臭を試してみました。
かなり効果はあったのですが、車の中では
時々タバコを吸っているので、全くニオイが
取れることはなさそうです。
それと、いくら消臭剤などでごまかしても
ニオイはどこからともなく出てきました。
そこで先週思い切ってカーペットリンスクリーナー
と言うものを購入してみました。
これはものすごいですね。僕の車は購入してから
2年くらいですが、シートをクリーニングしてみたら
かなり汚れていました。もちろんニオイもかなり
無くなっていました。
毎月掃除したらほとんど無臭にできそうです。
かなり高い買い物でしたが、ここまで掃除出来るなら
購入しても良かったと、今は思っています。

こちらのブログがとても参考になりました。

ありがとうございます。

ごちゃむ さん

こんばんは。

禁煙、私も完全に出来るのかちょっと心配です。
私は意志が弱いのでなかなか自力で禁煙は出来そうも無いと
思っています。よって禁煙外来は受けようと思っています。

私は今までは車内でタバコを吸っていましたが、やはり
同乗者にタバコ嫌いな人もいることで、以前から一応なるべく
タバコの臭いが残らないように心掛けていたつもりでしたが、
それでも決して無臭空間にすることは出来ませんでした。

今はまだタバコをやめていませんが、ここ1ヶ月程前からは
既に車内では一切タバコは吸っていません。
今はタバコを吸いたくなったら車を駐めて、コンビニの駐車場などで
吸っています。
それだけでも車内の臭いは結構違って来ると思いますよ。
勿論今回私が実践した方法を試したら100%は難しいですが、
最低でも8割程度臭いはしなくなると思います。

それと、もし車を売却する時に、喫煙車であれば5%程度、
酷く臭う場合は10%程度査定が下がるらしいですよ。

なるべく車内にタバコの臭いが残らないように気を付けて下さいね。

私も喫煙します。
窓は運転席と後部左側を開けます。
なぜかはわかりませんが、車を乗り始めの頃に先輩に言われ
そのまま続けています。

お友達といいntさんといい、消臭のためにやることが徹底していて
なかなか調べることが難しい作業なので、為になります。

私はタバコをやめる忍耐力がおそらくありませんが
消臭に関してできること、リーズナブルな消臭は
継続して続けてみたいと思います。

非常に参考になりました。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。