ウェブページ

お得なクレジットカード

  • ネット通販では品揃えが国内最大規模を誇る楽天市場ですが、そんな楽天市場をもっとお得に便利に利用出来るクレジットカードがあります。年会費は無料ですし、楽天市場での買い物をカード払いするだけでポイントが2倍(土曜日は3倍!)になります。また買い物以外で公共料金等の支払いも楽天カードを利用すれば、支払額に応じて自動で楽天ポイントが付きます。更にこのカードを作るだけで2000から最大で5000〜8000ポイント(5,000〜8,000円分)プレゼントされるので、例えカードを使わなくてもポイントは確実にもらえますので持っていて損はありません。と言うより、必ず得をします。

ショッピング

  • 注目のオークション
  • お気に入り商品

人気宿泊施設

  • せっかく車に乗っているのですから、ドライブも兼ねてちょっと旅行に行ってみませんか?全国の人気宿泊施設が掲載されています。

楽天オークション

  • 楽天オークションは登録は勿論、月額利用料も無料のオークションサイトです。初心者でも簡単に利用できるのがありがたいですね。

リンク

アクセスランキング

« sti アルカンターラ 車検証ケース | メイン | ハブセントリックリング(ハブリング)って必要!? »

タイヤ交換手順 / ホイールナット締め付けトルク

ご自分で自動車整備をしておられる場合、勿論ホイール(タイヤ)の交換手順やホイールナットの
締め付けトルクなんてよくご存じかと思いますが、その反面今までホイール交換くらいはしたことが
あると言う人の中にも、ホイールナットの適正な締め付けトルクに関して実はよく知らないと言った
ケースもあるようです。

そんな訳で今回はホイール交換とホイールナットの締め付けトルクに関して書き込んでみたいと
思います。

ホイール交換時に必要な工具類は、1)ホイールレンチ 2)ジャッキ 3)トルクレンチ
このくらいでしょうか。あとは車載ジャッキを使用する場合、タイヤ止めはあった方が安全です。
また手が汚れたり怪我をしないように軍手を用意したり、作業しやすい服装に着替えておかれても
良いかもしれませんね。
ホイールレンチとトルクレンチは両方用意する必要があるのかと言えば、理想としてはそれが一番です。
ただしトルクレンチは無くても、「とりあえず」作業することは可能です。
直ぐにホイール交換をする必要はあるが、今はトルクレンチを所有していない場合は、とりあえず
自分の感覚でナットを締め付けておき、後日トルクレンチを使って適切なトルクでナットを締め付けて
やっても、まぁOKです。


とりあえずはホイールの交換手順を簡単に説明していきたいと思います。と言いたいところですが、
これは私が文章で説明するよりも、詳しく解説してある動画を見て頂いた方がわかりやすいと思います。
そんな訳で、動画を紹介しておきます。
※動画が見られない場合は下の方でホイール交換がわかりやすく解説されているページをリンクして
いますので、そちらをご覧下さい。

webCG:「すぐできるタイヤ交換」


webCG:「すぐできるタイヤ交換」2


webCG:「すぐできるタイヤ交換」3


webCG:「すぐできるタイヤ交換」4

基本的に旧車で、またスチール製のホイール交換手順だったので、最近の車に乗っている人達には
ちょっと違和感を感じるものだったかもしれませんが、それでもかなり詳しく丁寧に解説されているので
おおよそはおわかりになったことでしょう。

紹介した動画でのタイヤ交換は、ホイールサイズが小さめだったので比較的軽々と脱着を行って
いましたが、20インチ以上ともなればかなり重量があるのでここまで軽々とはいかないでしょう。
ホイールを取り外すのはそこまで困難ではありませんが、逆に取り付け時はちょっと大変です。
その場合、ジャッキアップする高さはタイヤを地面に置いて、ホイールのボルト穴と丁度合う
あたりで保持しておけば良いです。コツとしては、ホイールをハブボルトに通す時、とりあえず
ハブボルトが一番上にあるホイールのボルト穴に少しでも引っ掛かってくれたら、その後少しだけ
ジャッキアップをして下さい。これでホイールが少し浮いた状態になり、軽く動かしやすくなります。
これでハブボルトをホイールのボルト穴に通しやすくなります。


動画での説明には何故か「タイヤ止め(車輪止め)」の使用に関しての説明が無かったようですが、
これは車載ジャッキを使用して車を持ち上げる時には設置した方が良いと思います。タイヤ交換時には
サイドブレーキを強く掛けて、勿論AT車ではギヤをパーキングに入れ、またMT車であれば1速か
リバースにギヤを入れておくことは基本です。これで車輪が動くことは殆ど無いでしょうが、車載
ジャッキ使用時の場合横方向からの力が加われば、ジャッキが外れて車体が落下しまうこともあります。
そうならないようにも、車輪が動かないようにタイヤ止めを設置された方が良いでしょう。
車載工具の中にこのタイヤ留めが含まれている場合もありますが、1個だけと言うこともあるでしょう。
出来れば2個設置されることをオススメします。ジャッキアップをする対角線上にあるタイヤの前後に
設置して下さい。これでジャッキが倒れたりすることはかなり避けられます。もし万が一ジャッキが
倒れ込みそうになった場合、例え完全に食い止めることができないとしてもいきなり地面に落下して
足を挟まれたりと言った危険は回避出来るものと思われます。


動画での説明ではありませんが、タイヤ交換手順をわかりやすく説明してあるサイトがあったので
そちらもリンクを貼っておきます。
KOMERI.COM(ホームセンターコメリ):タイヤ交換の基礎知識

説明を読んで頂いたら、ホイールナットの締め付ける順番もわかりますね。
多分皆さんはホイールナット締め付け時の注意点はご存じかと思いますが、もし初めて作業するのであれば
多少コツがいるので覚えておかれた方が良いです。
ホイールナットは対角線上に順番に締め付けて行きます。また初めはレンチで締め付けるのでは無く、
手で締め込めるところまで順番にナットを締め付けます。それとナットを締め付けて行く途中で時々
ホイールを揺すって下さい。このことでセンターが出しやすくなります。対角線上に順々に締めて行けば、
一番初めに締め付けたところは少し緩くなっていると思いますので、更にそのナットを手で締め付けて下さい。
また再度タイヤを揺すってみて下さい。それを順々にやって行けば、最後は手で回すことが出来ないくらい
締め込まれている筈です。
ここでやっとレンチの出番です。レンチで締め付ける場合もいきなり一箇所をキツく締め上げるのでは無く、
これも対角線上で順番に、少しづつ締め付ければ良いです。
タイヤが少し宙に浮いた状態で作業をしていると思いますが、ナットを締め付けて行くと途中からタイヤが
少し回ろうとしてしまいます。そこでジャッキアップしていた車両をゆっくり少しだけ下げて行きます。
タイヤが地面に接地した時点でジャッキを下げるのをやめます。こうすることでタイヤの回転は抑えられ
(固定され)、ナットを締め付けて行くことが可能です。この状態であればハブボルトやホイールには無理な
力は殆ど加わっていないのでボルトやナット、ホイールにダメージが及ぶことはありません。
一気に車体を下げてしまうと、ハブボルトなどに負荷が掛かりすぎてボルトの山が潰れてしまうことも
ありますし、またせっかくセンターを出しながらナットを締めていたのに、それがズレてしまいますので
注意して下さい。
ある程度ナットを締め付けたら、ここから最終の仕上げでナットを強く締めて行きます。強く締めるとは
言っても、これも一箇所だけ一気に締め上げるのでは無く、対角線上に締め付けて行きます。
もしこの状態でタイヤが回ってしまう場合は更に数ミリ車両を下げて下さい。数ミリであっても荷重が
掛かりますのでタイヤは回転しないと思います。最後に適正トルクでナットを締め付けたら終了です。
車体の下の安全確認をして、何も無ければゆっくりジャッキを下げて下さい。

さて、ここで問題となるのがホイールナットの適正締め付けトルクです。
希ですが、たま〜におじさんが全体重を掛けて思いっきりナットを締め付けているのを見たことがあります。
しかしこれは間違いです。皆さんは決してこんなことやってはいけませんよ。

やはり安全確実にホイールナットを締め付けるにはなるべくトルクレンチを使用した方が良いでしょう。
トルクレンチを所有していない場合、これは感覚で締め付けるしかありません。
再度言いますが、レンチに全体重を掛けて思いっきり締め付けることは決してしないで下さい。
最悪ボルトがネジ切れてしまいますし、切れない場合でも次に外す時苦労します。ホイールレンチを手で
思いっきり締め付ける程度で十分です。
※この「思いっきり」と言う基準は難しいです。力士のように怪力の持ち主が思いっきり締め付けるのと、
非力な女性が例え思いっきり締め付けたとしても、その差はかなり大きなものでしょう。
感覚で締め付ける場合、成人男性が少し強めに力を入れる程度で十分だとは聞いたことがあります。
※ホイールナットの締め付けトルクは普通乗用車でおおよそ100N・m(約10kgf・m)と言う値ですが、
もしホイールレンチに全体重を掛けて締めた場合に掛かるトルクは、例えば体重60kgの人が全長30cmの
ホイールレンチを使用した場合、60kg×0.3m(30cm)×9.8=176.4N・m(約17.5kgf・m)と言う数値に
なります。つまりホイールナットの規定締め付けトルク値から7割程多く掛かってしまうことになります。
体重45kgの人で全長30cmのレンチを使用した場合でも全体重を掛けたら132N・m(約13kgf・m)はあり、
これでさえ締め付け過ぎと言うことになります。
最悪なのはホイールレンチに全体重を掛けて、更に何度も上下に揺すると言う行為です。
人間が上下に揺するように体重を掛けた場合、その下に掛かる荷重が増えるのは想像が付くでしょう。
厳密に計算出来ませんが、最低でも数キロは増えることになります。たかが数キロと言えどもトルクの
計算式に当てはめると、適正なナットの締め付けトルクよりも1割以上、場合によっては2割、3割と強い
荷重が掛かることになってしまいます。強い力でナットを締め付けることにどのような問題があるのかと
言いますと、最悪ハブボルトがネジ切れてしまうこともあります。切れなくても山が潰れてしまうことも
ありますし、また意外と思われることですが、ネジが緩みやすくなることもあります。
これはナットを締め付けると、ボルト本体には引っ張り方向の力がかかります。引っ張られて伸びた
ボルトは元に戻ろうとして、締め付けているものを圧縮します。ナットが締まっている状態とは、
引っ張られて伸びようとする力と、戻ろうとして締め付けるものを圧縮する力のバランスが取れている状態と
言う訳です。よって締め付け過ぎるとバランスが崩れて、ナットの緩みが生じることもあります。
その他の問題としては、これは想像が付くことと思いますが、強く締め過ぎたことで次のタイヤ交換時に
ナットが全く回らず、タイヤを外すことが出来なくなることもあります。
このことから、やはりレンチに全体重を思いっきり掛けてホイールナットを締めるのはやめた方が良いです。
もし体重を掛けてホイールナットを締め付ける場合でも、レンチの長さと自分の体重から計算して、
どの位置に体重を載せるのかを決めて、あとはただ単純にホイールレンチの上に載っかるだけにして
おかれた方が良いですよ。
トルクレンチを使用せずにホイールナットを締め付ける場合、締め付け後にはとりあえず町内でも
一周して来て下さい。もしかしたらホイールナットが少しだけ緩んでいるかもしれません。
その場合は増し締めを行う必要があります。その後も50km走行後に一度ナットの緩みを確認し、
更に50km(計100km)走行後にも再度ナットの緩みを確認して下さい。緩んでいれば増し締めをする
必要があります。ちょっと手間は掛かりますが、トルクレンチを使用しないでナットを締め付けている
場合は緩みが生じる可能性が高いので、安全の為にも面倒ですが必ず定期的に確認をして下さい。
※トルクレンチを使用した場合でも、100km走行時には緩みが無いかの確認はした方が良いです。
※かなりホイールナットの緩みがある場合、ホイールのセンターがズレている可能性が高いので
少しジャッキアップさせてからナットを緩め、正しい手順でホイールナットを締め付け直して下さい。
本当に僅かなナットの緩みとか、一箇所だけナットが緩んでいる場合は別にジャッキアップをせずに
ナットを締め付けてやれば良いでしょう。

※トルク単位 N・m ←→ kgf・m の換算式
トルク値(kgf・m) =トルク値(N・m)÷ 9.806652
トルク値(N・m) =トルク値(kgf・m)× 9.806652
※細かい計算は面倒なので、10N・m=約1kgf・mと覚えておいても良いと思います。
ちなみに「kgf・m」の「f・m」の部分を省略して、ただ「kg」と表記してある場合もあります。

ここでホイールナットが緩んだ場合における車への影響をいくつか挙げてみます。
まず一番に考えられることは、ナットが緩んだまま走行した場合、最悪タイヤ(ホイール)が脱輪して
しまい、直進走行が困難になり大きな事故を引き起こす可能性が大いにあると言うことです。
こんなことは当然想像は付きますよね。一般道を走行している最中であれば、ナットの緩みは車体の
振動やガタガタと言った異音で気が付く筈です。しかしこれが高速道路では意外と気が付かないことも
あるようです。と言うより、タイヤが高速回転している訳ですから、気が付いた時にはもう脱輪
寸前と言うこともあるとのことでした。このような状態で高速走行をしたら、ハブボルトが変形して
いたり、ハブボルトの山が潰れている可能性もあるので、一度ディーラーや整備工場でボルトの
点検をしてもらって下さい。
もう一つはタイヤが外れるまでも無く、僅かにナットが緩んでいる場合において発生する不調と言う
ものもあります。一番多いのはステアリング(ハンドル)のブレです。僅かでもナットが緩んでいれば
それが原因でブレが発生することはよくあります。これはフロント側が緩んでいる場合の症状です。
逆にリア側でナットが緩んでいる場合、意外とブレを感じることはありません。
その代わりにガタガタとかゴトゴト、ゴロゴロなどと言った異音が発生することがあります。
この原因はハブベアリングと言う回転する軸受に無理な負荷が掛かることで発生する異音です。
そのまま走行を続けたらハブベアリングが破損する可能性も高いので、足まわりから異音が発生した場合、
とりあえずフロントもリアもホイールナットの緩みが無いのかは最低限確認して下さい。

ホイールナットを緩めたり締め付けたりする上で使用する工具はホイールレンチと呼ばれるものです。
トルクレンチでナットを締め付けることはできるのですが、逆に緩めることに使用するのはオススメ
できません。逆回転で強い力を掛けると、精度が著しく落ちることもあるのです。
つまりトルクレンチはホイールナットの適正締め付けトルクを計るものと思われた方が良いと
言うことです。緩めるのは勿論、締め付け始めもホイールレンチを使用されたら良いでしょう。
※最終締め付けにトルクレンチを使用し、適正トルクで締め付けて下さい。


↑上のクロスレンチは薄口タイプで、アルミホイールに対応しています。
またレンチサイズも17mm、19mm、21mmと全てのナットに対応しているので、オールマイティに
使用することが可能です。

使いやすさを追求したクロスレンチもありまあす。

ランクルなど22mmのナットを使用した車種に適合するクロスレンチです。

クロスレンチは収納場所に困ると言う人の為に、折りたためるタイプのものもあります。


何回もホイール交換をする場合は、電動インパクトを使用したら楽に作業ができます。
12Vのシガーソケットから電源を取るものであれば、月極駐車場など近くにコンセントが無い場合でも
その場で作業が可能です。また、任意で締め付けトルクの設定もできる為、かなり重宝するでしょう。
※ただしこれらの電動インパクトレンチは一般的に簡易トルク設定となっていますので、より正確な
トルク管理をする必要があれば最終的にトルクレンチを使用して締め付けトルクの最終調整が必要です。


家庭用100Vコンセントから電源を取るタイプのものもあります。こちらの方が12Vのインパクトレンチ
よりもパワーはあり、締め付けが強すぎて緩みにくいナットであっても素早く緩めることができ、
作業時間の短縮が可能です。


締め付けトルクに不安があり、今後も自動車整備を自分でやる場合は高品質なトルクレンチを
購入した方が良いと思います。

※トルクレンチの測定範囲はお乗りの車両でのホイール適正締め付けトルク以上のものを選ぶ必要が
ありますが、あまりギリギリで数値が設定されているものは選ばれない方が良いです。
ホイールの締め付けメインに使用される場合、トルクレンチの最高値は少なくとも140N・m(約14kgf・m)
あたりはあった方が良いでしょう。逆に最低値は60N・m(約6kgf・m)くらいでも良いでしょう。
トルクレンチでの測定値で100N・m(約10kgf・m)を基準にして、そこから前後40N・m(約4kgf・m)
くらいの幅があれば良いと言うことです。つまり60〜140N・m(約4〜14kgf・m)くらいのトルクを
測定出来るものを選ばれたら良いと言うことです。勿論この数値(測定値)の幅がもっと大きくても
全然問題ありません。


私は最近になってやっとトルクレンチを購入しました。ホイール交換くらいでしか使用しないので
上で紹介したものよりはお安く、送料を入れても4千円以下の超激安品ですけど…
※時々ホームセンターなどでも3,980円と言った激安価格でトルクレンチが販売されていることもありますが、
それらの最高値はおそらく110N・mあたりだと思います。もう少し高くても120N・mくらいでしょうか。
このようなトルクレンチでは上限の余裕が無いので耐久性は低く、ホイールナットの締め付けトルク測定を
頻繁に行えば精度の狂いが大幅に出ることもありますし、また最悪破損することもあります。
そして最低値(下限値)と最大値(上限値)あたりでは測定精度が落ちてしまいます。
これらのことから、上限値があまり低いトルクレンチの購入は控えた方が良いと思いますので、
購入する時には必ず測定値に余裕があるのかは確認して下さい。
※ただしホイールナットの締め付け専用として作られているトルクレンチであれば、専用品と
言うこともあり、精度や耐久性は汎用のものよりは高いので特に問題はありません。

中発販売 トルクレンチセット...

中発販売 トルクレンチセット...
価格:2,980円(税込、送料別)


※測定値:最低28N・m(2.9kgf・m) / 最高210N・m(21.4kgf・m)
※付属品:17mm/19mmリバーシブルソケット・21mm薄口ロングソケット・エクステンションバー
※ソケットサイズ:1/2インチ(12.7mm)


使用してみたところ剛性も十分あるようですし、また測定精度にも問題は無さそうです。
まぁ、プロが使用しているものと比べたら精度の誤差はあるでしょうけど、価格を考えたら結構
良いものだと思います。


トルクレンチとクロスレンチを掛け合わせた商品もあります。見た目はクロスレンチで、使い勝手も
クロスレンチ同様ですがホイールナットの締め付けトルク管理も可能です。しかもホイール専用レンチ
らしく測定トルクは軽自動車用の90N・mと、普通乗用車用に105N・m、そしてSUVなどの大型車用に
120N・mと3パターンから選ぶことができます。これならトルクレンチの測定値合わせを細かく
しなくても良いのでトルク管理が簡単で確実におこなえますね。


以前トルクレンチを所有していない時には自分の感覚でホイールナットを締め付けていましたが、
トルクレンチを購入してからわかったことは、自分の感覚ではかなり強く締め付け過ぎていたようです。
今まで自分の感覚で、「結構強め」にホイールナットを締め付けていたと言う場合、殆どの人は
締め付け過ぎだと思いますよ。非力な私でさえ締め付け過ぎだったくらいですから、体力(腕力)に
自信のある人なら確実に適正トルクよりも2割程は強く締め過ぎていると思いますので、
もしトルクレンチを使用せず、今後も感覚だけで締め付けようと思われている人は、今までよりも若干
弱めにナットを締め付けるようにして下さい。
※ただしトヨタのランドクルーザーや日産サファリなど重量が2.5トン近くある車両では、ホイール
ナットの締め付けトルクは普通乗用車と比べて3〜4割程高いようです。よって重量のかなりある車の
場合であればナットを弱めに締め付けてはいけません。

各車両メーカーや車両クラスごとに適正トルクをこちらに記載しようかと思いましたが、なかなか出来ません。
それは各社(各車)の取扱説明書をいくつか見てもおおよそでしか記載されていなかったり、例え細かく記載
されていても年式で若干数値が異なっていることがあったからです。
平均すると軽自動車のホイールナット締め付けトルクは85N・m前後(約8.5kgf・m)で普通車用の
ホイールナット締め付けトルクは105N・m前後(約10.5kgf・m)です。もう少し細かく言えば、1000cc前後の
車両では90〜100N・m(約9〜10kgf・m)あたり。2000ccの車両では95〜105N・m(約9.5〜10.5kgf・m)。
3000ccで105〜115N・m(約10.5〜11.5kgf・m)と言った感じです。
重量のあるSUVでは115〜120N・m程度(約11.5kgf・m)で、ランドクルーザー100/200など国産でもかなり
重量のある車両では125〜135N・m(約12.5〜13.5kgf・m)くらいのようです。
ただ、これらはアルミホイールでの締め付けトルクなので、スチールホイールでは若干数値が高くは
なるでしょうから、スチールホイールの場合は少し強めに締め付けて下さい。

一応主要な国産車のホイールナットの締め付けトルクをわかる範囲で記載しておきます。
・トヨタ・
ヴィッツ:103N・m(10.5kgf・m)※スチールホイール時:105N・m(10.7kgf・m)
プリウス:103N・m(10.5kgf・m)
ヴォクシー:103N・m(10.5kgf・m)
クラウンハイブリッド:103N・m(10.5kgf・m)
ヴェルファイア:103N・m(10.5kgf・m)
ハリアー:103N・m(10.5kgf・m)
ランドクルーザー・プラド:112N・m(11.4kgf・m)
ランドクルーザー:131N・m(13.36kgf・m)※スチールホイール時:209N・m(21.3kgf・m)

・日産・
モコ:85N・m(8.7kgf・m)
ノート:108N・m(11kgf・m)
ジューク:108N・m(11kgf・m)
セレナ:108N・m(11kgf・m)
フーガ:108N・m(11kgf・m)
エクストレイル:108N・m(11kgf・m)
スカイラインクロスオーバー:108N・m(11kgf・m)
エルグランド:108N・m(11kgf・m)

・ホンダ・
ライフ:98〜118N・m(10〜12kgf・m)
フィット:98〜118N・m(10〜12kgf・m)
フリード:98〜118N・m(10〜12kgf・m)
ステップワゴン:98〜118N・m(10〜12kgf・m)
オデッセイ:98〜118N・m(10〜12kgf・m)
※締め付けトルクに幅があるので一応上記の数値内で締め付けたら良いと思いますが、
目安として軽自動車の場合は98N・mあたりで、オデッセイなど大型車両の場合は118N・mあたりで
締め付けるのが一番良いと思います。

・マツダ・
AZワゴン:85N・m(8.7kgf・m)
デミオ:88~118N・m(9~12kgf・m)
プレマシー:88~118N・m(9~12kgf・m)
アクセラ:88~118N・m(9~12kgf・m)
アテンザ:88~118N・m(9~12kgf・m)
MPV:108〜147N・m(11〜15kgf・m)
CX-7:88~118N・m(9~12kgf・m)


・スバル・
レガシィ:100〜120N・m(10〜12kgf・m)※年式により記載数値が異なりますが、この範囲内で。
アウトバック:120N・m(12kgf・m)
WRX sti:100N・m(10kgf・m)
フォレスター:100N・m(10kgf・m)
エクシーガ:100N・m(10kgf・m)


その他の車種で正確な数値を知りたいのであれば各自ネットで調べて下さい。
googleキーワード検索:ホイールナット トルク
Yahoo!キーワード検索:ホイールナット トルク
※リンク先をクリックし、その後所有されている車両名称を追加すれば、その車両の適正トルクが
検索出来ると思います。
※探し出せなかった場合は車両名称では無く、車両メーカーを入力して下さい。
※ホイールスペーサーを取り付けた場合、標準締め付けトルクより1割程強めに締め付けて下さい。


それから動画では車載ジャッキを使用してのタイヤ交換でしたが、頻繁に作業をする上では使い勝手が
良いとは言いづらいです。そこでジャッキに関してもついでに説明しておきたいと思いますが、
それは別に書き込んでいますので、そちらをお読み下さい。
ブログ記事:車のジャッキについて


以上で、ホイール(タイヤ)の交換手順やホイールナットを締め付ける上での注意点、
またそれらを交換する上で使用する道具(工具)に関してはおおよそおわかり頂けたかと思います。

くれぐれも怪我や事故の無いように、万全を期して作業をして下さい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/459227/25054863

タイヤ交換手順 / ホイールナット締め付けトルクを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。