ウェブページ

お得なクレジットカード

  • ネット通販では品揃えが国内最大規模を誇る楽天市場ですが、そんな楽天市場をもっとお得に便利に利用出来るクレジットカードがあります。年会費は無料ですし、楽天市場での買い物をカード払いするだけでポイントが2倍(土曜日は3倍!)になります。また買い物以外で公共料金等の支払いも楽天カードを利用すれば、支払額に応じて自動で楽天ポイントが付きます。更にこのカードを作るだけで2000から最大で5000〜8000ポイント(5,000〜8,000円分)プレゼントされるので、例えカードを使わなくてもポイントは確実にもらえますので持っていて損はありません。と言うより、必ず得をします。

ショッピング

  • amazon
  • お気に入り商品

人気宿泊施設

  • せっかく車に乗っているのですから、ドライブも兼ねてちょっと旅行に行ってみませんか?全国の人気宿泊施設が掲載されています。

楽天オークション

  • 楽天オークションは登録は勿論、月額利用料も無料のオークションサイトです。初心者でも簡単に利用できるのがありがたいですね。

リンク

アクセスランキング

« 2014年4月 | メイン | 2015年11月 »

2015年6月

車内の静音化 〜エーモン静音計画 2676 ビビリ音低減モール ダッシュボード用〜

ここ1年程車内のどこからか異音が発生し、気にはなっていたのですが時間が全く取れず放置していました。
しかし気になる… 

何とか時間を作り作業することに。

私の車は購入してから既に8年経過しています。走行距離は約7万キロなので過走行ではありませんが、
やはり8年も経つと劣化や部品の変形などが起きてくるのでしょう。
それが原因で異音は確実に発生してしまいます。

今回の異音発生箇所はダッシュボード付近と言うのは何となくわかりましたが、かと言って具体的に
どの部分で発生しているのか特定することはできませんでした。

異音発生箇所を特定するため、内装を外したり、パーツを手で押さえながら走行すると言ったことは
かなり手間が掛かります。
とりあえず一番簡単な方法で異音を抑えるべく、今回はエーモンのビビリ音低減モール ダッシュボード用を
購入し、早速取り付けてみました。


送料を入れても千円程のものです。

パッケージ裏に取付説明が載っていますので、そちらを見たら作業手順はわかりますが、一応簡単に
こちらでも紹介しておきます。

購入した商品です。

Amon2676



とりあえずパッケージの裏に記載されている説明書を読みます。


モールの端をダッシュボードの端に押し込みます。

Amon2676_2


反対側までキッチリとモールを押し込みます。大型車であればカットしなくても良いかもしれませんが、
BP型レガシィでは約17cm余りました。よってこの余りをカットしてしまいます。

Amon2676_3


仮合わせをしてカットする部分をマーキングし、一度モールを外してからカットしても良いでしょうが、
面倒だったので取付と同時にカットまでしてしまいました。
端から押し込むように取り付けて行き、カットする部分に印を付け、少しだけモールを引き出してから
よく切れるハサミでカットしてしまいます。
その後引っぱり出したモールを最後まで押し込めば手早く作業ができます。

最後に浮いている部分などあればヘラなどで押し込んで作業終了です。

Amon26764


作業時間は10分も掛かりませんでした。とても簡単です。

さて、効果の程は!?

完全に異音が消えることはありませんでした。
元々完全に異音など抑えることなどできないと思っていたので、「まぁ、こんなものか」と言った
感想ですが、かと言って何も効果が無かった訳ではありません。
ギシギシと言ったキシミ音はそこそこ低減されていました。

ただ、まだ異音はしていましたので、それがどこで発生しているのか車を走行させながら調べたところ、
どうやらナビ付近で僅かにキシミ音が発生しているようです。ナビを手で押さえたらキシミ音がピタリと
収まりました。

で、ネットで調べてみるとインダッシュタイプのナビはモニターが出た状態では車両の振動時に
カタカタとかギシギシと言った異音が出ることは結構あるようです。
根本原因はわかったのですが、ナビの問題ともなるとそう簡単に異音解消は難しそうですね…

フューエルフィルターをEVC(ブーストコントローラー)のエアフィルターへ流用(代用)

HKSのブーストコントローラー、EVCにはコントローラーの保護の為にフィルターが付属しています。
このフィルターは汚れたら交換しなければなりません。
私の使用しているフィルターですが、実はそんなに汚れてはいませんでした。
しかし経年劣化のためか、フィルターのケースが割れていました。


コレが破損していたフィルターです。

Filter


こんな状態ではフィルターとしての役割など果たすことなどできないため、交換することに。
ただ、純正部品は思いの外高価です。こんなプラスチック部品でも1,300円程します。
同じようなサイズ、形状のバイク用ガソリンフィルターは500〜800円程で購入できることを考えると
購入を躊躇してしまいました。
ではバイク用ガソリン(フューエル)フィルターをそのまま使用できるのかと言えば、そう上手くは
いきません。
敵(メーカー)もさるものながら、このフューエルフィルターを流用できないことは知っています。
それは一般的に売られているフューエルフィルターのケースは接着(溶着かな!?)してあるため、
分解することが困難だからです。無理に分解しようものならおそらく割れてしまうことでしょう。
その後何か良いものが無いのか探しまくっていたら下の商品を見つけました。


送料を含めたらHKS純正のフィルターが購入できるくらいの価格になってしまいますが、見た目はこちらの
方がかなり良いと思います。エンジンルームがちょっとだけ華やかになるような!?
こちらは分解式なので、フィルター(スポンジ)が汚れたらその部分だけ交換可能です。
尚、このフィルター(ケース)のジョイントはΦ6(パイプ径6mm)です。
それに対しHKSのフィルターはΦ6とΦ4の2種類です。Φ6のホースは問題無くフューエルフィルターに
接続できると思いましたが、問題はΦ4のホースです。直径4mmのホースが果たしてΦ6のジョイント部分に
接続できるのか少し不安はありました。ですが、何とかなるだろうとそこまで考えることも無く2個購入して
しまいました。

購入したフューエルフィルターです。

Filter1



破損したフィルターを外しました。破損したフィルターは小さい方でΦ4のものです。
フューエルフィルターの方が当然大きいですね。

Filter2



フューエルフィルターの内部にあるメッシュフィルターはガソリンに混ざった砂埃などを濾過する為に
あります。
ですがその程度の濾過能力ではEVCのエアフィルターとしては心許ないように思いました。
よってメッシュフィルターは取り外し、代わりになるスポンジ状のフィルターを入れることにしました。
このフィルターは分解式です。

Filter3



装着後(Φ6)

Filter4



装着後(Φ4)

Filter5


Φ4のホースとΦ6のフューエルフィルターですが、何とかなるものですね。意外と簡単に接続できました。
むしろΦ6の方が僅かに緩いくらいだったので、抜け防止にタイラップ(結束バンド)で固定しておきました。


エンジンルームもちょっとイジってます感が出たように思います。